カテゴリー : minicar

MAZDA 767B #203 1/43 [Q-MODEL]

MAZDA 767B #203 1990LM 1/43 [Q-MODEL]

MAZDA 767B

車種選定のシブサが光る、Q-MODELのMAZDA 767B 1990LM

MAZDA 767B

なつかしのロータリーサウンド♪
4ローターエンジンが奏でる甲高いサウンドは最高でした

この車は、1990年のルマン24時間レースで総合20位、IMSA GTPクラス優勝の203号車
ドライバーは、片山義美、従野孝司、寺田陽次朗の日本人トリオでした
MAZDA 767B
しかし、リアウイングの位置が低いね
独立型を採用し、ボディカウルより低い位置に設置されてます
MAZDA 767B
コッチから見ても低いね!
当たり前だね!!

MADA 767B

蛍光オレンジベースのCHARGEカラーも綺麗で、国産プロトタイプレーシングカーの中でも、ひときわ印象深い車です

MAZDA 767B

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村 ミニカー




■【Q-MODEL】 (1/43)チャージ マツダ 767B 203号車 1990LM (QMC017)インターアライド 渋谷模型価格 3,870円 (税込 4,063 円) 送料別

KEIHIN HSV-010 SUPER GT500 2010 Sugo Winner 1/43 [EBBRO]

KEIHIN HSV-010 SUPER GT500 2010 Sugo Winner 1/43 [EBBRO]

KEIHIN HSV-010 SUPER GT500

HONDAがNSX-GTの後継として2010年からSUPER GTに投入したのがこのHSV-010 GT

ブルーメタリックが鮮やかなKEIHIN REAL RACINGのカラーリング、いい感じで再現されてます

KEIHIN HSV-010 SUPER GT500

この車は、2010年のSUPER GT第5戦SUGO GT300km RACEのWinner Car
ドライバーは、金石年弘塚越広大

KEIHIN HSV-010 GT500

2010年シーズンのGT500クラスのチーム、ドライバーランキング共に3位の好成績を残しました

KEIHIN HSV-010 GT500 2010

ステイ部が外に出ている特徴的なリアウイング

KEIHIN HSV-010 GT500 2010

音にこだわった8-4-2-1集合レイアウトの一本出しマフラー
HONDA開発者のこだわりのポイントらしいです

KEIHIN HSV-010 GT500 2010

速さだけではなく、音にもこだわって造るところがHONDAらしい
そういうHONDAが好きだわ

KEIHIN HSV-010 GT500 2010

よく見ると、リアウィンドウ部のカーボンも再現されてます

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村 ミニカー




【EBBRO・エブロ】[1/43]【9/25まで予約特価】【価格変更】ケイヒン HSV-010 #17 スーパーGT500 2011【2011年10月以降発売予定】


CALSONIC IMPUL GT-R Fuji 300Km SUPER GT 500 2008 No.12 1/43 [EBBRO]

CALSONIC IMPUL GT-R Fuji 300Km SUPER GT 500 2008 No.12 1/43[EBBRO]

CALSONIC IMPUL GT-R Fuji 300Km SUPER GT 500 2008 No.12

前回のエントリーCALSONIC IMPUL Z SuperGT 500が2007年までの日産の主力マシンでしたが、2008年からはこのGT-Rで参戦
特別認可として2009年のレギュレーションを先取りし大幅に改造された車体に、前年のZが搭載していたエンジンと同じVK45DEベースの4.5リッターV8エンジンを使用した車でした

CALSONIC IMPUL GT-R Fuji 300Km SUPER GT 500 2008 No.12

この車は、2007年SUPER GT最終戦(第9戦)のFUJI GT 300Km RACEでのローダウンフォース仕様
ダウンフォース系のパーツが極力除かれたり形状が異なっている高速サーキット仕様となってます

CALSONIC IMPUL GT-R Fuji 300Km SUPER GT 500 2008 No.12

ドライバーは、1stドライバーが松田次生、2ndドライバーがセバスチャン・フィリップ
FUJI GT 300Km RACEでは、予選12位からのスタートながら雨に左右される悪コンデションを逆手にとり見事優勝!
鈴鹿Pokka 1000Kmに続き2勝目を飾りました

CALSONIC IMPUL GT-R Fuji 300Km SUPER GT 500 2008 No.12

この年、GT-Rは9戦中7勝!!
車種別の年間最多勝記録を更新し、まさに衝撃のデビューを飾った年でした

CALSONIC IMPUL GT-R Fuji 300Km SUPER GT 500 2008 No.12


・・・しかし、前回のZとかなり色合いの違ったカルソニックブルーに撮れちゃってますね(笑)
ここらが素人仕事、腕が足らんということですわ


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

CALSONIC IMPUL Z SuperGT 2007 No.12 1/43 [EBBRO]

先日の鈴鹿でのSUPER GTレース観戦、レースの合間に寄ったミニカーショップ P-4のブースでやったガラガラで見事ゲットした

CALSONIC IMPUL Z SuperGT 500 2007 No.12 1/43 [EBBRO]



見事!といっても末等の6等だったんですけどねコレ
一緒にやった後輩の同じ6等の結果を見ると、2007年のSUPER GT 500クラスと300クラスのモデルが主だったのではないかと思われます(かなり狭~い情報ですが・・・)



SUPER GTのカテゴリーが開始された2005年から2007年まで日産の主力だったのがこのマシン
フェアレディZは、GT500クラス、GT300クラスの両方にエントリーしていました



ベース車両はNISSAN フェアレディZ Type-Eですが、あまりベース車両の見る影はありません
GT500の場合、空力パーツがゴチャゴチャとハリボテみたいに付いていて、逆に重たそうに見えるのは気のせいですかね?
特にフロントやリアの辺りとか・・・



この年の1stドライバーは、ブノワ・トレルイエ、2ndドライバーは星野一樹



TEAM IMPULの2007年は、最終戦富士での2位が最高位、年間ポイントランキングはGT500クラス10位(全16台)とあまり良い成績を残せなかったシーズンでした



カルソニックブルーは綺麗だなぁ~
少々ブサイクなマシンでもこの色で許しちゃうところもあったりする(笑)




にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

LEYTON HOUSE PORSCHE 962C 1989 Fuji 500 miles No.16 1/43 [SPARK]

LEYTON HOUSE PORSCHE 962C 1989 Fuji 500 miles No.16 1/43 [SPARK]



往年のモータスポーツファンにはおなじみのこのカラーリング
バブル景気時代、モータースポーツ界の象徴でもあったレイトンブルー

憧れでしたわ、この色このブランド



1989年の全日本スポーツプロトタイプカー選手権(JSPC) 全日本富士500mileレースで優勝したマシン
ドライバーは、関谷正徳&岡田秀樹




このポルシェ962C、956に続き黄金時代を築いたマシンでした



このレイトンカラーのポルシェ、絶対手に入れたかったミニカーのうちの一台です




にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村