琵琶湖(ほぼ)一周のドライブ その2

琵琶湖(ほぼ)一周のノープランドライブ だらだらと70Km走って、せっかくなので余呉湖に立ち寄ることにしたけれど なんもねぇ 右を見ても でかい池って感じ 余呉湖というのは・・・ 賤ヶ岳を一つへだてた琵琶湖の北にあって 面積約1.8平方キロメートル・周囲約6.4km、水深13m、三方を山で囲まれた断層盆地にあってぇ ほんでもって琵琶湖との水面落差が49m近くあって 古くは、琵琶湖を大江(おえ)、余呉湖を伊香(いか)の小江と称し、天女の羽衣や龍神・菊石姫の伝説が残る神秘の湖であって 別名「鏡湖」とも呼ばれるそうでぇ 白鳥に姿を変えて水浴びを楽しんでいた8人の天女の姉妹のうち、伊香刀美(いかとみ)に羽衣を取られた末妹だけが天に帰れなくなって夫婦となって2男2女をもうけたという物語があって また羽衣を取ったのは桐畑太夫で、菅原道真がその子であると伝える話もあるそうです なるほど! (参考:滋賀県観光情報
クリックで拡大
駐車場にあった羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)vs柴田勝家の戦い「賤ヶ岳合戦戦跡」って看板 BATTLEFIELDSってところがなんかカッコイイ
特になんもないので自分の車の写真を撮っておいた せめて湖をバックに撮っておけよと今更思うが なぜか後ろ姿だし・・・ 10分くらいで余呉湖を満喫 観光らしきことを無事終え、国道8号 → 国道303号 → 国道161号を走り安曇川の道の駅で休憩 湖西道路から途中を越えて自宅に到着したのは15時少し前 走行距離約170Km、所要時間は4時間程度のドライブでした アノでかい湖を4時間程度でほぼ一周できるくらいに整備された滋賀県の道路事情もなかなかだとちょっと感心 今度、ドライブがてらチェックしたポイントを釣行してみようと思います にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ
にほんブログ村

琵琶湖(ほぼ)一周のドライブ

先日16日の日曜日、せっかくの連休、天気もソコソコなもんで (先日のツマンナイ敗戦を忘れるためにも)嫁と二人で気晴らしドライブに出かけました 当日朝に思いついてのドライブ、もちろんノープラン ほぼノーマネーで済むお気軽ドライブは?と数分考えた結果、やったことの無い琵琶湖(ほぼ)一周に決定 スタートは琵琶湖大橋西側の「びわ湖大橋米プラザ」 到着したのは10:50頃 駐車場は満車状態、バス釣り目的で長時間駐車してる様な車も結構な数 そんな車がトラックや観光バス用のスペースに停まってて、クレームとか出てないのか同じ趣味の人間としてちょっと心配にもなりましたが で、その道の駅はどんなもんかってぇと・・・あんなもんです、普通です
道の駅を出たのが11:00頃、琵琶湖大橋を守山側に渡っていよいよ琵琶湖(ほぼ)一周のドライブのスタートです 滋賀県道559号、琵琶湖を左に見ながらひたすら湖岸道路を北上 信号も殆ど無く、快適なドライブ あっという間に長命寺、長命寺からは滋賀県道25号、ここでは旧道は走らずにまっすぐのルートを選択 旧道を選ぶと、途中で道幅が狭くなって面倒なので今回はパスです で、ひたすら25号線を走ります なにも面白いことは起きません ずっと琵琶湖が見えてるだけの普通のドライブです 彦根市に入って県道2号 せっかくなので、彦根城に寄って歴史とひこにゃんを堪能 ・・・することもなく華麗にスルー とここで、空腹と尿意をもよおしたので「道の駅近江母の郷」で休憩 時間は12時を少し過ぎたあたり、琵琶湖大橋からここまで約50Km走行 近辺の名所マップ的な看板に、NHK大河ドラマ功名が辻でなんやらかやら・・・ とあるけど、功名が辻がどんなドラマだったかまったく思い出せない つうかマッタク見てないので分かるはずもない (ちなみに、2006年の大河ドラマで、仲間由紀恵主演で、後はwiki参照でどうぞ…)
コンビニで買ったおにぎりで腹ごしらえをして、ドライブ再開 右手に見える長浜ドームを「どこがどうドームなん?」とか言う嫁を無視しながらドライブは続く もちろん長浜城歴史博物館もスルーして県道331号から県道44号へ せっかくここまで来たので余呉湖くらいは寄っておこう、と言うことで、大音を右折し国道8号から国道365号へ ここまで約70Km走行 ダラダラと続く にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ
にほんブログ村

若狭鯖街道「熊川宿」

先日のレインボーラインへのドライブの帰りに立ち寄った道の駅「若狭熊川宿」 そこから程近いところにある若狭鯖街道 熊川宿を歩いてみました 若狭鯖街道熊川宿 303号線を走る都度、この道の駅にはよく立ち寄っていたのですが、熊川宿の街道を歩くのは初めてです 道の駅の売店の近くに熊川宿に続く道があります 若狭鯖街道熊川宿 ほんの少し歩くと熊川宿。こんなに近いところにあるとは思わなかった 若狭鯖街道熊川宿 鯖街道の由来とか、熊川宿とは・・・とかいった詳しいことはリンク先でチェキラ☆ つぅ事にして・・・ 熊川宿に入ってすぐにあるのが熊川番所 熊川番所 若狭と近江の国境に位置し、かつて「入り鉄砲に出女」の規制と物資への課税が行われていました。全国でも宿場内に残る復原された番所として貴重な歴史的建造物です。(※) 熊川番所 番所の役人の人形が妙にリアル 右側のおっさんが、取引先の支店長にソックリで個人的にウケる 熊川宿は国の重要伝統的建造物群保存地区 街道沿いの色んな形式の町家、実際にそこで暮らしている人達の出入りも 道沿いには物産品を売るお店も地味に散在してました 鯖街道熊川宿 上ノ町(かみんちょ)側からの街道風景 思ったより人がいなくて、写真を撮るにはもってこいの状況(笑) ガイドマップの表紙になっている菱屋 勢馬清兵衛家(ひしや せいませいべえけ) 菱屋 旧問屋で屋号を「菱屋」という旧家。格子と水路の取り合わせが美しい建物です。(※) 下ノ町(しもんちょ)側にある松木神社(まつのきじんじゃ) 松木神社 桜と紅葉の名所だそうです 若狭の義民松木庄左衛門が祀られている神社です 松木庄左衛門像 熊川宿 下ノ町からの街道風景 熊川宿 そんなに距離がある街道ではなかったので、ゆっくり往復しても1時間程度 それなりに風情がありましたが、街道沿いに設置してある自動販売機の色も町並みに溶け込むように配慮してくれればなぁ (※)「若狭鯖街道 熊川宿 ガイドマップ」の説明を転載 にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ

レインボーライン@福井にドライブ

だらだらと鈴鹿でのSUPER GT観戦話をエントリーしてたもんで、一週間遅れとなりましたが先週の日曜日、福井県のレインボーラインにドライブに行ってきました 日帰りできそうなドライブコースでどこか良いところが無いかと探していたところ、福井にレインボーラインとエンゼルラインというドライブウェイがあるのを発見 エンゼルラインの方は通行料が無料ってエエやないかい ところがエンゼルラインは今年5月の台風の影響で長期間通行止め つうことでレインボーラインを選択 夏休み期間(7月16日~8月31日)は、マイカー観光促進キャンペーンで通行料金が半額だそうで ちょうどイイ機会です ということで夏休み期間最後の日曜日(8月28日)に嫁ハンと二人で行って来ました 国道367線を八瀬から途中越えで滋賀県に入り~花折峠~朽木~今津と走り 今津町保坂から303号線を走って福井県に入り、三宅から27号線で若狭町方面に向かいます しばらく27号線を走って、無事レインボライン日向料金所に到着 ところどころで日本海の景色を楽しみながら、レインボーラインの売りである三方五湖の眺望が楽しめる山頂公園の入り口、第1駐車場に向かいます


夏休み最後の日曜日 と言っても最近は夏休み期間が分散しているせいか思ったより走ってる車は少なかったです 山頂に向かって結構登って行き、第1駐車場に到着 さすがにココはかなりの数の車が停まってました 駐車場から山頂公園へは、ケーブルかリフトで向かいます 行きはリフトを選択 約2分で山頂公園に到着、公園自体は思ったより広くは無いけど、さすがの眺望 せっかくの眺望、パノラマで撮ってみる しかしこの公園、三方五湖、日本海を360度楽しめる眺望は良いのだけれど さほど広くないスペースに色々とテーマがありすぎて、なんとなくパラダイス臭がしなくも無いです 「五木の園」 福井県出身の歌手、五木ひろしさんの功績を讃えて作られた記念碑 レコード盤にふれると♪ふるさとの歌が流れるそうです 「恋人の聖地の碑」 レインボーライン山頂公園は、恋人の聖地として認定されているそうです 山頂公園には誓いの鍵がたくさん残されてます 「友好の鐘」 幸福を呼ぶ鐘として中国古鐘研究会から友好の証として寄贈されたものだそうです 「カブトムシのやかた」 昼間の暑い時間帯、カブトムシなんか影もカタチもありません 「めだか村」 村長は池乃めだかです もちろんウソです 動きの鈍いメダカがいました 突然流れ出す「めだかの学校」の歌が、訪れる人を驚かせます ちなみに三方五湖は、国指定の名勝で若狭湾国定公園に属する景勝地 「三方湖(みかたこ)」「水月湖(すいげつこ)」「菅湖(すがこ)」「久々子湖(くぐしこ)」「日向湖(ひるがこ)」の五つの湖で構成されていて、五つの湖はすべてつながっているそうです 三方湖は淡水、五湖中最大の面積の水月湖、菅湖、久々子湖は海水と淡水が混在する汽水、日向湖は海水なんだそうです 三方五湖全景
パノラマ画像
日本海と日向湖
パノラマ画像
久しぶりの自然のいい景色で目の保養ができましたわ 帰りはケーブルを利用して駐車場へ 乗ってみるとけっこうな傾斜でございますね でも山頂公園からの景色、場所によってはどこかで見たような・・・ 奥琵琶湖のつづらお崎からの風景にソックリ(笑) にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ

アツはナツいね

夏休み取得中 外に出るとクソ暑いのは判ってるけど、家でゴロゴロしてるのももったいないので 琵琶湖に向かってドライブ、もちろんバスタックルを積んで 一気に奥琵琶湖へ、そこから適当なポイントでロッドを振りフリしながら南下 やっぱりお日様真上でゲキ熱の天候での釣りは無謀ってもんですわ マッタク釣れる気がしませんわ 集中力の無い釣りに付き合ってるほど、バスもそんなにヒマじゃありませんね アタリはまったく出ないけど、汗は出まくりオヤジ汁が滝のように・・・ 湖中の生命感はゼロ やってる俺も生命感ゼロになりそうになったので、往復約200Kmのドライブ(ついでに釣りみたいな事)は終了 本日の釣果:無駄にデカいブルーギル一匹 にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

お花見ドライブ(海津大崎編)

平日だし、そんなに混んで無いっしょ・・・(願望) つうことで、滋賀県の「海津大崎」で桜と琵琶湖のコラボを満喫すべく車を琵琶湖の北端へ・・・ 早速コッチ方面を通るときに必ず立ち寄る大原のコンビニで桜の写真をゲット 店舗の裏手にヒッソリと咲いているサクラです

コンビニを出て、湖西道路~西近江路~高島バイパス~湖北バイパスと国道161を福井方面へひたすら走る 天気が良くてドライブ日和、ゴキゲンである♪ 2時間近く走った午後1時、目的地まであと少し、海津で54号線に乗りかえ、琵琶湖岸の道路国道557線に入ったとたん・・・

なんぞこれ?!

(俺もそうだけど・・・)他府県ナンバーの車に、バイク集団に、観光バス、ガイドに連れられたオッサン&オバハンの集団がシコタマ!!

さすがは「日本のさくら名所100選」にも選ばれている海津大崎の桜

平日とは思えない混雑ぶり、いや~考えが甘かった・・・ 残念ながら当日(4月13日)の桜は満開では無い状態

しかし、駐車スペースを探しながらの桜を見ながらのでフラフラとろとろ走る車 車の前方をふさぐレンタサイクル 上しか見てない歩行者

狭い道がエライことになっとるじゃありませんか(´ω`)

特に「高齢運転者標識」を貼った車が多い、新旧デザインを両方貼ってるとか、何のアピール? 走りが基本マイペース過ぎるし

桜のトンネルの間に駐車することは出来そうも無いので、奥琵琶湖パークウェイのつづら尾崎展望台で一休みして帰ることに

海津大崎の観光船乗り場を越えて、道幅が狭いトンネルを過ぎると、徐々に車の量も人も減ってきた 展望台に到着

展望台も結構な賑わいで、駐車場に出入りする車が頻繁 オジぃがウロウロしてるんで気をつけろ! 去年の夏の平日に来た時は、こんなに閑散としてたのに・・・ 参考画像 展望台の桜も満開まではもう少しのご様子ですね テキトーに展望台を後にして、降りる途中で無理やり桜をゲット ドライブウェイの登り口、菅浦の湖岸の桜 さらに人も自転車も車もバスも増えてた湖岸道路を辟易しながら帰路へ 名所って凄いね、人多いね というわけで、相変わらずまともに目的が達成できないドライブでした ちなみに海津大崎の桜と人出は、この土日(4月16日、17日)がピークみたいです 車じゃなければ桜のトンネルと人だかりを満喫できそうですよ にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ホンダ(車)

お花見ドライブ(近場編)

今日は休日出勤の振り替え休日

♪あ~、天気もイイ、用事も無い、こうなりゃサクラを見るしかねぇ(”俺ら東京さ行ぐだ”の節で) てなワケで、暇なオッサン特別企画 「第一回 チキチキ お花見ドライブ(桜が咲いてたら写真を撮ってみよう!)」に出発 出発後、約3分で第一の桜ポイントに到着 さっそく撮ってみよう すでに満開 家の近所の高野川沿いの道 普段は、なんてことない普通の道ですが、この時期は見事な桜並木に変貌します 次は、ほんの少し走って、宝ヶ池公園内を望む道から ここも満開 自宅から徒歩で数分の場所。車じゃなくて歩いて散策した方が良かったな もう十分桜を満喫できた(笑) しかし暇なオッサンは、ヒマ過ぎる勢いで、超名所「海津大崎」の桜と琵琶湖のコラボを満喫すべく車を走らせるのであった・・・ 平日だし、そんなに混んで無いっしょ・・・(願望) つづく にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ホンダ(車)