J2 第12節 vs カターレ富山

続・めずらしく前半に失点しなかったなぁ~と思ってたら、試合終了まで失点も得点もオモシロくもなんともないチンタラした試合を見せられたでござる の巻(@TV観戦)

これが正味の第12節だったらとっくにオワットルわけだが

2011 J.League Division 2
第12節 5月15日(日)13:04
西京極総合運動公園陸上競技場(入場者数5,464人)
京都サンガF.C. 0 – 0 カターレ富山
 警告【京都】’55 秋本倫孝、’72 秋本倫孝
   【富山】’54 ソ ヨンドク
 退場【京都】’72 秋本倫孝

ゴール裏も不協和音だった模様

参考

カターレ富山 安間貴義監督コメント
大木さんのやっているサッカーは難しくて、覚悟を決めないとできないと思います。僕たちも新しいサッカーを1年目でやっている。選手たちは、まずやってみてから何か答えを出すというスタンスです。京都の選手を見ていると、効率よくとか、まだ潔さを感じないと思うので、あのサッカーをやるには、まず、汗をかく量など、覚悟を決めてやっていけば、どんどん違ってくると思います。秋本が入るだけでゲームが締まるので、これからだと思います。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。