ストリームの仕様を最構築

エコカー減税&補助金に便乗して車の買い替えを検討するテストのはずが、急遽本番になってしまったわけですが・・・

あまりに急な本番突入だったので、帰宅後にまじめに本気で導入システムの仕様の見直しを実施することに。
メインフレームはストリーム1.8 Xで変更なし。

本体の変更となると大幅な仕様と予算の見直しとなり、また関係各署に迷惑を掛けてしまうところですが、 導入ユーザー(俺)的に「なんら問題なし」という判断に至っており変更なしとなりました。

が、見積もり段階で安易に構築していたため、一部の周辺機器の見直しが必要なことが発覚。
一番の問題は、見積もり段階で導入を予定していた「1.8 X HDDナビパッケージ」に装填されているナビゲーションシステム そのナビの仕様が、iPod未対応、フルメディア未対応、フルセグ未対応など、ユーザー(俺)が希望するパフォーマンスに達していないこと。
希望する仕様に近い9月発売予定の純正ナビもBluetooth未対応、価格も280,000円でディーラーでの値引きも期待できないので、 ナビは他社製品を装填するということに決めて、「HDDナビパッケージ」からナビシステムをとっぱらった「1.8 X スタイリッシュパッケージ」に変更。
これが問題ないかディーラーに問い合わせたところ、問題なしとの回答、おまけに納期も一ヶ月近く早くなりそうとのことで棚からボタ餅状態。
ついてる。
この件を導入プロジェクトのリーダー(嫁)に確認したところ、「よく判らんし任すわ」と、非常に有難いお言葉をいただきました。
うちのプロジェクトリーダーは、無駄に予算が計上されない限り、「金は出すけど口は出さない現場に丸投げ」の理想の上司で良かったです。

周辺オプションを一部追加し、ディーラーに出向き再見積もりを依頼したところ、HDDナビパッケージ時の値引き額から17,000円が減る程度、また納期も9月末見込み。
さらにお盆明けの工場ラインの見直し次第では更に早くなる可能性もあるとの回答でした。
プロジェクトリーダーの最終承諾を得て、正式に契約し一時金を払ってきました。

これが7月24日のこと、いよいよ本格的に新車導入の始まりです。

「ナビやスピーカーはどれにしようか」とか「オプション以外の物は何をつけようか」とか この時期が結構楽しかったりするわけですよ。

にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ

にほんブログ村