渋滞のテール

2020年2月16日

佐世保への帰郷の途中 さぁ、かっ飛ばすぞゴルァァ~! と、制限速度以下の一般道で意気込んでいたのであったけれどもやっぱ無理
渋滞の国道171号線をノロノロ走っていると暫くして、「新しいルートが見つかりました・・・短縮できる時間は27分です・・・」とNAVIの声
短縮できればどこでもエエわい。どこでも連れてってくれ!
「まもなく右折です・・・」 この右折が運命の分かれ道・・・だった

なんとか車が離合できる幅の道をNAVIの指示通りに走る (後で分かったのだけれど、高槻市内の西国街道という道を走っていたみたいです) まったく知らない道、しかもだんだん道幅が狭くなるし、大丈夫か?

案の定、ストップ
この狭い道で渋滞である 目の前に見えるのは、ブレーキランプが点灯したテールランプの列 数台先は左に曲がっていて、その先の状況が不明

ちょっとして前から大きな車がこちらへ 車が進み始める。
離合が原因だったらしい。
道はさらにギリ離合できるかどうかの幅に

で、またストップ

完全に離合で渋滞っす。
短縮できるはずだった27分はとっくに超えてるっす。
なんだよオイ!っす。まいったっス!
そんな感じで少しずつ進む中、俺の車となんとかギリギリで離合しようとするハリアーを運転してる奥様に「大丈夫?」と声を掛けたら「向こうで引っ越しのトラックが立ち往生して大変なんですよ」と嬉しくない情報をゲット。
この先そんなんが待っているのかい!!

俺の後ろももちろん行列、Uターンできる場所も無く、止む無くデッドなポイントに進むことに・・・
トホホである。
もうじき夕方、出発して約2時間以上経っているのに高速道路どころか、まだ大阪府高槻市の狭~い道幅の知らない場所で立ち往生中。
こりゃ、まだまだ先は長いゾ・・・ おそらく続く
にほんブログ村 にほんブログ村 ホンダ(車)

終末のフール (集英社文庫)
伊坂 幸太郎
集英社
売り上げランキング: 2552